多汗症クリニック注意点

はじめてクリニックに行く人が注意すべき5つのポイント?

 

ワキ汗をケアするのに制汗剤やワキ汗パッドには限界を感じていても、クリニックに行くことが怖くて前に進めない…なんてこともあると思います。そこでこのページでは、はじめてクリニックに行くひとの心構え的なことをまとめてみました。

 

無料カウンセリングを受けたあとに、あれも聞いておけばよかった!なんてことがないように、事前にメモなどで不安な点をリストにしておけば安心ですよね。

 

 

 

 

 

 

 ムダ毛は事前に剃っておくの?

 

 

【結論】 特に、ワキ汗を治療するためにクリニックを受診する場合、カウンセリングを受ける前に剃っておきましょう。

 

 

ワキ汗を治療するためにクリニックを受診する場合、カウンセリングを受ける前に剃っておいたほうがいいですね。もちろん、カウンセリング時に症状を診てもらうためにもそうですが、カウンセリング当日に施術を受けることも可能だからです。

 

女性の場合は、脇毛を剃らなくてはいけないほど生えているということはあまりないと思いますので、そこまで心配する必要はありません。

 

ただ、エステサロンなどでワキを脱毛中であれば、施術後は1〜2ヶ月程度、脱毛をすることはできません。なので、もし、気になる場合は無料カウンセリングのときに確認しておいたほうがいいですね。

 

 

 

 

 飲酒は控えなきゃいけないの?

 

 

【結論】 手術前、手術後、ともに飲酒は控えましょう。

 

 

手術当日の体調によっては、手術を受けられない可能性があります。なので、手術前日の飲酒は控えたほうが良いですね。

 

手術後に関しても、アルコールの摂取は控えるべきです。というのも、どうしても飲酒をすると血行が良くなるので、腫れや痛みが長引くことがあります。

 

手術後、すぐに普通の生活に戻れるとはいえ、飲酒をすることで長引いてしまっては意味ないですよね。なので、ボトックス注射でしたら2〜3日控える程度で問題ないと思いますが、切開法などの手術を受けた場合は、飲みはじめる前に医師と相談するのがベストな選択だと思いますよ。

 

 

 

 

 クリニックまでは車でも大丈夫?

 

 

【結論】 麻酔をするため車の運転は避けましょう。

 

 

施術によっては局所麻酔をするので、術後に運転することができません。なので、なるべく電車やバスを利用して行けるクリニックを選ぶのがいいかもしれません。

 

もちろん、ボトックス注射なら基本的に麻酔はしないので、車でクリニックまで行っても問題ないと思います。

 

大手のクリニックであれば、いろんな地域にありますし駅近のクリニックも多数ありますので、選択肢の一つにしてもいいかもしれません。

 

どうしても、車じゃないといけないということであれば、家族や友達に運転しもらったほうがいいかもしれませんね。

 

 

 

 

 いつから仕事に戻れるの?

 

 

【結論】 切開法以外であれば、すぐに仕事に戻れます。ただ、切開法を受けたとしてもワキを動かさないデスクワークであれば翌日から可能。

 

 

切開法以外であれば、すぐに仕事に戻ることができます。もちろん、ひとによっては痛みや腫れが長引くケースはあると思いますが、それでも2〜3日で問題なく仕事はできると思います。

 

切開法の場合は、手術後にワキを固定する必要がありますが、あなたがデスクワーク系の仕事をしているのであれば、翌日から仕事に戻ることができます。

 

肉体労働系の仕事であれば、1週間ぐらいは様子を見て、できれば抜糸をするまでは仕事はしないほうがいいかもしれません。ただ、1週間も仕事を休むのも大変なことだと思うので、無料カウンセリングを活用して相談してみてくださいね。

 

 

 

 

 支払方法は何があるの?保険は適用されるの?

 

 

【結論】 支払方法は多数用意されていて、クリニックによっては医療ローンが組めるとこも。さらに施術によっては保険が適用。

 

 

支払方法は多数用意されていて、現金、クレジットカード、銀行引き落とし、クリニックによっては医療ローンが組めるところもあります。

 

嬉しいことに、施術やクリニックによりますが、保険が適用されるケースもあります。切開法などは保険が使えるクリニックが多数あり、自己負担が3割ですむので、これをクリニック選びの一つの選択肢にしてもいいと思います。

 

あと、2012年11月からはボトックス注射でも保険が適用されました。こちらもクリニックによって異なるので、事前に確認しておいたほうが良さそうですね。

 

 

 

 

 

まとめ

 

  •  施術前にムダ毛は剃っておくべき。ただ、エステサロンで脱毛中でも問題はない。
  •  

  •  万全の体調で手術を受けるためにも、前日の飲酒は控えるべき。さらに、血行促進を防ぐために手術後の飲酒も2〜3日は控えるべき
  •  

  •  クリニックまでは車ではなく、電車やバスを利用するべき。施術によっては麻酔を使うため、術後に運転することができない。駅近のクリニックも多数あるので、通えるクリニックから選ぶのもひとつ。
  •  

  •  施術によるが、基本的にはすぐに仕事に戻れる。ただ、切開法の場合は、ワキを固定しているため経過観察が必要。特に、肉体労働系は医師との相談が必要。
  •  

  •  支払方法は多数用意されていて、医療ローンが組めるクリニックもあり、金銭的な負担を減らすことができる。
  •  

  •  施術によっては、保険が適用されるケースがあるが、これはクリニックによってまちまち。保険が適用されれば自己負担が3割なので、これをクリニック選びの選択肢にすることも。