東京イセアクリニック

保険が使える東京イセアクリニック!その特徴は?

 

保険適用で自己負担3割だから、両脇でも4万円以下!

 

反転剪除法なら保険が適用される施術なので自己負担が3割。これを自由診療のクリニックで受けてしまったら両脇で30万円以上します。ただ保険が適用されるクリニックを選ぶか選ばないかの違いで、負担額に大きな違いが出ることになりますよね。これは外せない選択肢のひとつですよね。

 

最も再発の少ない反転剪除法だから確実に多汗症が改善!

 

医師が直接確認しながら汗腺を取り除いていく反転剪除法だから、確実に多汗症が改善し、しかも再発が最も少ない施術法です。しかも、形成外科、美容外科に25年以上携わっている専門医、形成外科のスペシャリストが在籍しているクリニックなら安心ですよね。

 

認定医が執刀するから仕上がりがキレイ!

 

ある一定基準の経験と知識、技術を持っていないと認められない形成外科医の専門医。東京イセアクリニックでは、この専門医が執刀するため、傷跡が残ったことで患者が悩まないように、キレイに仕上げることにも注力しています。

 

 

 

▼ 東京イセアクリニックの全国出店状況 ▼

 

北海道/東北地方 なし
中部/甲信越地方 新潟県
関東地方 東京都(新宿・銀座・渋谷)
関西地方 なし
中国/四国地方 なし
九州/沖縄地方 なし

 

 

▼ 東京イセアクリニックの治療へのこだわりを今すぐチェック? ▼

 

 

 

東京イセアクリニックの辛口コメント

東京イセアクリニックのデメリットは、保険適用で自己負担が3割というのが売りのひとつであるにもかかわらず、保険診療は銀座院のみとなっています。確かに、東京近辺にお住いなら新宿でも渋谷でも銀座でも、そこまで差はないかもしれません。

 

ただ、地方で唯一の新潟クリニックでは、残念ながら保険が適用されません。もし、新潟近辺にお住いで保険適用のクリニックを探しているとしたら、東京イセアクリニックは選択肢から外さないといけませんね。

 

 

保険適用で施術を受けるなら銀座院で!

 

反転剪除法が保険適用だと知らずに両脇の施術を自費で受けてしまうと、東京イセアクリニックでも税抜き価格で32万円以上します。しかも、手術前の検査代や薬代はこの価格に含まれていません。

 

東京イセアクリニックの銀座院で施術を受けるだけで、両脇で4万円かかりません。この違いはとても大きいですよね。間違っても新宿院や渋谷院が会社から近いからという理由で選ばないようにしてくださいね。

 

ただ、勘違いしてはいけないのは、多汗症の症状が軽度だった場合、自由診療の美容整形外科扱いになることもあります。そうすると、思っていたよりも費用が高額になってしまう可能性もあるので、その点は無料カウンセリングでしっかりと確認し、納得した上で施術を受けるかどうか決めてくださいね。

 

症状が軽度な場合は、反転剪除法よりボトックス注射のほうが金銭的にも身体的にも負担は少ないので検討してみてください。

 

ただ、東京イセアクリニックではボトックス注射の施術は行っていないので、湘南美容外科とかもチェックしてみてくださいね。

 

 

▼ 東京イセアクリニックのサービスや料金の詳細を今すぐチェック! ▼

 

 


 

 

東京イセアクリニックについて

 

東京イセアクリニックは店舗数こそ少ないですが、手術をするドクターの質が高くで有名です。形成外科、美容外科に25年以上携わっているドクターや女性の形成外科医も在籍しています。さらに、形成外科学会が認定している専門医が多汗症の手術を執刀するので、術後の傷跡が目立たないことで人気が高まっています。もう一つの人気の理由は、反転剪除法に保険が適用され自己負担が少なくてすむという点です。ただ、銀座院のみが保険適用の施術を受けられるので、その点には注意が必要です。もし、ボトックス注射やレーザー系の施術であまり効果が見られなかったという場合は、再発の確率が低い反転剪除法で多汗症の悩みを解消する方法も検討してみてくださいね。