多汗症 クリニックへ相談

教えて!多汗症クリニックのホントのところ【よくあるQ&Aまとめ】

 

多汗症をクリニックで改善したいと思っていても、初めてだといろいろと不安や心配なことがありますよね。そこで、このページではよくある質問や疑問をQ&Aでまとめてみました。

 

もしかしたら、あなたが不安に思っていたことがスッキリして、今すぐに、無料カウンセリングを受けたくなっているかも。

 

 

 

 

 

 

クリニックで治療するならどの施術がいいの?

 

 

【結論】 多汗症の症状にもよるから、まずはカウンセリングを受けるのが大事。しかも、手のひら、足、顔や額の汗で悩んでいるならボトックス注射しか方法がないので注意です。

 

 

まずは、多汗症を改善するためには、どんな施術があるんでしょうか?

 

手軽に受けられるボトックス注射やレーザーなどのミラノドライ、ボトックス注射と合わせた施術法や切開法などがあります。

 

これらの施術は、あなたがどんな症状なのかによって選択肢が変わってきます。たとえば、手のひら、足、顔や額の汗を改善したいなら、ボトックス注射しか方法がありません。

 

ワキの汗だったら、いろいろと施術がありますが、これも症状が軽度なのか重度なのかにもよって変わってくるので、どの施術を受けるかどうかもそうですが、まずは、あなたの症状がどのような状態なのか無料カウンセリングを受けてみるべきだと思います。

 

というのも、あなたが重度の症状だと思っていても、無料カウンセリングを受けてみたら、じつは軽度だったということもあるみたいですよ。

 

 

 

 

施術後はどれぐらいで日常生活に戻れるの?スポーツは?

 

 

【結論】 どの施術を受けたとしても、入院する必要はないから切開法以外ならすぐに日常生活に戻れます。ただ、血行を促進してしまうのでスポーツは1週間ぐらい控えるべき。

 

 

どの施術を選んだとしても入院する必要はないので、すぐに日常生活に戻ることができます。ただ、切開法で多汗症の治療をした場合は、抜糸をする1週間ぐらいまではワキを固定する必要があるので、日常生活に不便が出ることもあります。

 

今まで通り日常生活に戻るには、施術後の痛みや腫れについても心配なところですよね。レーザー系の施術や切開法を受ける場合は、局所麻酔をするのですが、施術を終え麻酔が切れた後に、腫れや痛みを伴うことがあります。

 

もちろん、クリニックから痛み止めなどの薬を処方してもらえます。特に、レーザー系の施術を受けた人は、全く必要なかったということが多いようなので、そこまで痛み腫れに敏感になる必要はないですね。

 

最後に、スポーツはいつ頃からできるのか?ということですが、軽いスポーツなら当日から大丈夫です。ただ、血行を促進してしまうので、できれば数日は様子を見たほうがいいですね。

 

特に、切開法を受けた場合は、無理してワキを動かすようなことをすると、キレイに傷跡が治らないことにも。クリニックでは、傷跡がキレイになるように施術後にマッサージやストレッチを取り入れているところもありますよ。

 

スポーツに関しては、あなたが行っているスポーツやレベル、頻度によって個人差がかなりあるので、無料カウンセリングのときにきちんと確認しておいたほうが安心ですね。

 

 

 

 

多汗症の施術を受けられないケースも?脱毛中でも大丈夫?

 

 

【結論】 未成年者でも親同伴で受けられるが、妊娠中、妊娠予定、授乳中、神経疾患、ボツリヌス菌アレルギーなどに当てはまる場合は施術が受けられない。脱毛中でも大丈夫だが、施術後は1〜2ヶ月は様子をみたほうがいい。

 

 

最近では、未成年者による多汗症の悩みや汗によるいじめなどが原因で、クリニックでの施術を受けるケースが増えています。親同伴であれば施術が受けられるクリニックも多数あります。

 

ただ、成長著しいこの時期に施術を受けたとしても、再発する可能性は高いと言われているので、まずは無料カウンセリングで医師と相談することからはじめてみてください。

 

以前、他のクリニックで施術を受けていたり傷があったりしても、基本的には施術を受けられます。このことに関しては、無料カウンセリングで不安を解消できると思いますよ。ただ、施術を受けられないケースとしては、妊娠中、妊娠予定、授乳中、神経疾患、ボツリヌス菌アレルギーなどに当てはまる場合は施術が受けられないので注意が必要です。

 

あと、今、脱毛中だけど施術を受けられるかどうか?ということですが、これは全く問題ありません。ただ、施術を受けたあとは、1〜2ヶ月ぐらい様子をみてから脱毛を再開してください。特に、切開法を受けた場合は、医師に経過観察を受けて、ちゃんと確認をしてから再開をしたほうがいいと思いますよ。

 

 

 

 

施術後、多汗症は再発しないの?効果の持続性は?

 

 

【結論】 ボトックス注射以外なら再発の可能性は低い。多汗症が再発したとしても保証制度があるクリニックも。

 

 

価格や手軽さをみてもボトックス注射は人気の施術ですが、一番のデメリットは効果の持続性です。クリニックもよりますが、3ヶ月から半年ぐらいの効果が期待できます。

 

ただ、多汗症の症状が軽度で夏だけを乗り切るために施術を受けるのであれば、ボトックス注射でも十分ですよね。

 

逆に、再発の可能性が低いのは、レーザー系の施術や切開法です。レーザー系のミラドライだったら、高い効果が期待できるしダウンタイムも短いですし、切開法だったら直視による汗腺の除去だから効果は一番高いとも言えますが、ダウンタイムが少し長いというデメリットがあります。

 

ただ、レーザー系の施術や切開法を受ければ、「全く汗がでなくなる」と勘違いしているかもしれませんが、どちらの施術を受けたとしても、5〜10%の汗腺は元に戻ると言われています。

 

これは普通のひとが自然に汗をかく程度なので、そこまで心配する必要はありませんが、どうしても気になる場合は、保証制度があるクリニックを活用して不安を減らすこともできますよね。

 

 

 

 

 

 

 

追伸

 

今後、あなたが多汗症とどう向き合っていくのか?ということが一番大事だと思います。症状は軽度だけど、もう多汗症ケアで悩まされるのはイヤなのか、それとも、ボトックス注射のように効果の持続性は低いけど、定期的に施術を受けるのか…

 

まずは、あなたがどうしたいのか、ということをきちんと考え、その答えをもとに無料のカウンセリングを受けてみたら、経験豊富な医師があなたに最適な施術を提示してくれるはずです。

 

もちろん、金銭面や仕事のことなど、あなたの置かれている環境によって選択肢も変わってくるとは思いますが、施術のプランやケア方法などクリニックによって様々なので、まずは、あなたのお住まいの地域のクリニックを調べてみて相談することからはじめてみてくださいね。